お答えします

野菜の出荷規格について

国政モニターの意見等:災害時の苺の出荷について

熊本地震では、苺の農家が、苺の大きさを選別してパックしていく選別機が使用できず、出荷できなかったというニュースをインターネットで読みました。私は、災害時には、出荷の規定を少し緩和して、品質に問題がなければ、大きいものや、小さいものが混ざった苺のパックでも商品として販売してもいいのではないかと思いました。災害時での苺を始め農産物の出荷規定の緩和について、検討していただきたいと思います。

野菜の出荷規格について(回答:農林水産省)

ご意見いただきありがとうございます。

いちごを含めた野菜の出荷規格は、国が定めて義務付けしているものではなく、各産地において自主的に設定されています。

このため、どのような規格で販売するかは各産地の判断に委ねられており、災害時においても同様と考えています。

ページのトップに戻る

 
  • 政府広報オンライン
  • 政府インターネットテレビ
  • 首相官邸政策情報ポータル

問い合わせ先

内閣府政府広報室 国政モニター担当 03-5253-2111(代表)