お答えします

大麻取締法における大麻吸引等の罰則について

国政モニターの意見等:大麻取締法に大麻吸引を処罰する規定を新設して欲しい

相模原市で発生した凶悪事件の容疑者が大麻を使用していたとの報道があった。措置入院中に大麻の陽性反応があったが、医師から警察への連絡がなかった。耳を疑ったが、大麻取締法によると、大麻の所持、譲り受け、譲り渡しについては、罰則があるが、なんと大麻の「使用」については罰則規定がないとのこと。信じられない。事実なら、非常に不思議な法律である。規定があれば、今回の惨劇は防ぐことができたかもしれない。早急に改正して頂きたい。

大麻取締法における大麻吸引等の罰則について(回答:厚生労働省)

大麻取締法においては、免許を受けた者以外の大麻の所持、栽培、譲渡し・譲受け等を禁止しており、これに違反した者を処罰することとしていますが、ご意見のとおり大麻の吸引等の使用行為自体は処罰の対象となっておりません。

この理由といたしましては、まず、国際条約において、大麻の吸引等の使用について、締約国に対して罰則の制定を求めておらず、多くの先進諸国においても使用罪を制定していないことから、日本においても使用罪を設けておりません。

また、大麻の正規栽培農家が、その刈取りの際に、空気中に揮発した大麻を意図せずに吸引することによって「麻酔い(あさよい)」と呼ばれる症状が生じてしまい、こういった麻農家の方々に対しても刑罰をもって臨むことが不適切な場合がある等といった事情を考慮してのことです。

さらに、大麻を不正に使用する場合は、使用する前提として大麻を譲り受ける、所持するといった行為が成立しておりますので、この行為を捉えて罰することができると考えています。

ページのトップに戻る

 
  • 政府広報オンライン
  • 政府インターネットテレビ
  • 首相官邸政策情報ポータル

問い合わせ先

内閣府政府広報室 国政モニター担当 03-5253-2111(代表)