お答えします

マイナンバーに関して

国政モニターの意見等:マイナンバーに関して

マイナンバーカードの配布が始まって数か月が経過しましたが、働いている方や学生等若い方への浸透がイマイチですし、ご高齢の方でも、カードが何に役に立つのかといったご理解が、まだ不十分だと思います。今回の震災等を例にとり、その便利さを強調出来ればよかったのですが、間に合わなかった感があります。これからの利点と、学生~社会人への配布をどのようにしていくのか、その展望があまり明確に見えておりません。テレビでの宣伝や広報もいいのですが、少し見えずらい部分、わかりにくい部分があるのは否めません。もっと簡潔明瞭に、そして、日常の生活に即した利点を宣伝してはどうでしょうか。今の広報はやや複雑です。

マイナンバーに関して(回答:内閣府)

この度は、マイナンバー制度の広報に関する貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございます。

マイナンバー制度の広報については、若者から高齢者、外国人まで幅広い層が対象である中、これまでも多様なメディアや様々な機会を活用した周知・広報を実施しており、若者に対しては、テレビCMや、web広告、フェイスブック、ツイッターなどのメディアを使った広報を展開してきました。

広報内容についても、本年からマイナンバーの利用が順次始まったことや、マイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始されたことを踏まえ、マイナンバーの利用場面やマイナンバーカードのメリットを解説する新聞広告や折込広告を実施するなど、時期に合わせた広報を実施しております。

今後もマイナンバー制度に対する理解がより一層深まるよう、対象者や時期に合わせて広報媒体や広報内容を工夫しながら、わかりやすい広報を目指し、引き続き、効果的な周知・広報を展開して参りたいと考えております。

制度に関するお問い合わせ窓口として、「マイナンバー総合フリーダイヤル」を開設しております。「通知カード」「マイナンバーカード(個人番号カード)」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問い合わせにお答えします。

  • 電話番号:0120-95-0178
  • 開設時間:平日9時30分から20時00分、土日祝9時30分から17時30分

 

関連情報

ページのトップに戻る

 
  • 政府広報オンライン
  • 政府インターネットテレビ
  • 首相官邸政策情報ポータル

問い合わせ先

内閣府政府広報室 国政モニター担当 03-5253-2111(代表)