お答えします

国政モニターの年齢、職業について

国政モニターの意見等:国政モニターの年齢、職業欄について

この国政モニターは、今年度まで20代以上が要件となっているが、有権者は18歳以上であり、来年度以降は18歳からもできるようにすべきではないか。また、職業欄に大学生・専門学校生・大学院生がないのも、アンケートの属性として不適切だと思う。

国政モニターの年齢、職業について(回答:内閣府)

この度は、国政モニターに関する貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございます。

ご指摘のとおり、平成28年6月19日に施行される公職選挙法等の改正により、選挙権年齢が「18歳以上」へと引き下げられます。

本年度の国政モニターの募集を行った昨年度末の時点では、改正法が施行されていなかったため、その年齢要件については、従来どおり「20歳以上」といたしましたが、来年度以降の募集につきましては、「18歳以上」に引き下げる予定としております。また、それとあわせて、職業分類につきましても、学生区分を明示する方向で検討いたします。

国政モニター制度については、これからもより充実した内容となるよう努力してまいりますので、引き続き理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

ページのトップに戻る

 
  • 政府広報オンライン
  • 政府インターネットテレビ
  • 首相官邸政策情報ポータル

問い合わせ先

内閣府政府広報室 国政モニター担当 03-5253-2111(代表)